上品でやさしい!「NOUILLES JAPONAISE とくいち」を実食【札幌市中央卸売市場のおすすめラーメン】

とくいち ラーメン

アフィリエイト広告を利用しています。

どうも、北海道在住26年のムラサキコです。

みなさんは、「NOUILLES JAPONAISE とくいち(ヌイユ ジャポネーズ トクイチ)」の名前を聞いたことがありますか?

まるで高級洋食店のような名前ですが、実は札幌市中央卸売市場の場外市場に店舗を構える人気ラーメン店の名前です。

先日、「バナナマンのせっかくグルメ」のテレビでも紹介され、さらに人気を博しています。

地鶏のコンソメベースのスープを使用した、上品でやさしい味わいがとくいちのラーメンの魅力。

というわけで今回は、札幌の人気ラーメン店「NOUILLES JAPONAISE とくいち」のラーメンを実際に食べた感想を紹介します。

北海道観光を予定している人やラーメン好きな人は、ぜひ参考にしてくださいね。

「NOUILLES JAPONAISE とくいち」とは?どんなラーメン店?

NOUILLES JAPONAISE とくいち(ヌイユ ジャポネーズ トクイチ)は、札幌市中央区のミシュラン1つ星のフランス料理店「ル・ミュゼ」監修のラーメン店です。

同じく札幌市中央区にある札幌市中央卸売市場の場外市場に、とくいちは店舗を構えています。

地鶏のコンソメベースのスープを使用した、王道かつ革新的な味わいがとくいちのラーメンの魅力。

とくいちのベーシックなメニュー・価格は以下のとおりです。

NOUILLES JAPONAISE とくいちのメニュー・価格
  • 掛けらぁ麺熊石塩:税込800円
  • らぁ麺熊石塩:税込1,000円
  • 特上らぁ麺熊石塩:税込1,300円
  • 掛けらぁ麺三笠鶏醤:税込800円
  • らぁ麺三笠鶏醤:税込1,000円
  • 特上らぁ麺三笠鶏醤:税込1,300円

熊石町の塩で作る塩ラーメンのスープは旨みたっぷり。醤油ラーメンのスープには三笠の鶏醤(鶏の内蔵から作る醤油)を使っています。

麺は「ふすま(小麦粉を製造する際に出る副産物)」を配合した須藤製麺(北海道旭川市の老舗製麺工場)のオリジナル麺を使用。塩ラーメンには角刃の細めの麺、醤油ラーメンには丸刃の中太麺を使用しているそうです。

とくいちは、北海道ならではの食材を使ったラーメンなんですね。

とくいちは、こだわりの季節限定メニューも提供していますよ。

やさしい!上品!美味しい!とくいちのラーメンはシェフの強いこだわりを感じる絶品♪

とくいちのラーメンを実際に食べてみたムラサキコの一番の感想は、「とにかくやさしい!!」

こんなにやさしいラーメンを未だかつて食べたことがありません。

素材・調理法などシェフの強いこだわりを感じる、とっても上品な味わいでした。

あっさり系のラーメンが好きな人に、ぜひ一度食べてみてほしい絶品ラーメンです。

「NOUILLES JAPONAISE とくいち」は、札幌市中央卸売市場の場外市場の卸売センター1Fにあります。

平日昼間に訪れましたが、観光客をちらほら見かけました。

アジア系の観光客が多いようです。

冬の北海道は、服装と雪に対する反応で観光客かどうかすぐにわかります笑。

映えそうな(?)カニを発見。

卸売センター入口に向かうと、「NOUILLES JAPONAISE とくいち」の看板を発見。

年季の入った場外市場でひときわ存在感を放つおしゃれ看板です。

レトロ~♪

思わず写真を撮りたくなるほどの情緒感あふれる風景。

さすが、昭和34年開設の、歴史ある札幌中央卸売市場の場外市場のアーケードです。

そんな懐古的な風景の中で、おしゃれカフェ発見!

そして、その隣に店舗を構えているのが……

NOUILLES JAPONAISE とくいち(ヌイユ ジャポネーズ トクイチ)です。

ラーメン屋とは思えない、そして場外市場にあるとは思えないおしゃれな外観です。

11時すぎに到着しましたが、ギリギリ並ばずに入れました。

とくいちの看板。

小さくて控えめな看板です。

注文は食券式です。

ムラサキコはスタンダードな塩ラーメン「らぁ麺熊石塩」を注文。

主人はスタンダードな醤油ラーメン「らぁ麺三笠鶏醤」を注文しました。

2024年1月11日に販売開始した新メニュー、「鶏白湯(価格:税込2,000円)」も販売されていました。

焼きつけた百合根・醤油とローズマリーの泡・薪火オイル・小麦をつけて焼いた真だちetc.……

興味深すぎな高級テイストですが、今日は初めてのとくいちなので、とりあえずスタンダードな味で手を打ちたいと思います。

なんだかおしゃれな石(プレート)が各席のテーブルに敷いてあります。

後で調べたところ、札幌市南区で算出される「札幌軟石」という凝灰石のプレートだそうです。

高級な小料理屋に来た感覚……ここは本当にラーメン屋なのか!?

落ち着きある雰囲気過ぎて、逆に落ち着かないムラサキコ夫婦笑。

松の香りがする超良い匂いのおしぼり。

顔パックみたいな圧縮された紙の塊に、スタッフさんがお湯をかけると、ぼわわんと大きくなりました。

アイヌ文化をモチーフとした木彫りが、あちらこちらに置かれています。

ふつうにかわいい。

松。

カウンター席の中央。

松。

このこけしのような木彫りも超かわいい!

小さくしてグッズにすればいいのになぁと勝手に思ったムラサキコ。

いたるところに北海道愛を感じる店内装飾です。

泡は、昆布と白醤油の泡だそうです。

ふ……フレンチ!

本当は写真なんて撮ってる場合じゃないんです。

主人のラーメンが届くのを待たず、頂きます!!

なーんと!

やさしい……やさしすぎる……!!ムラサキコは、こんなにやさしい味がするラーメンを初めて食べました。

そして上品。美味しい♪

さすが人気フランス料理店監修のラーメンですね。

全粒粉の麺もつるつるもっちりです。っていうか麺がすごく長い気がします。

メンマ好き(メンマにはちょっとうるさい笑)ムラサキコですが……

もうメンマっていうか、プロに正しく調理された美味しいタケノコ料理を食べている感じ(涙)

ちょっとだけ感動です。

鶏のチャーシューも、香ばしい炭火焼きの香りを感じられて美味しかったです。

主人が頼んだ醤油ラーメン(らぁ麺三笠鶏醤)。

豚のスモークチャーシューの赤い色味が美しい。

とくいちならではの、昆布と醤油の泡も添えられています。

鶏醤も一口スープをもらいましたが、やはりやさしい味です。

あっという間に完食。

美味しいラーメンでした。

帰りに海鮮市場に寄って帰りました。

観光で札幌市中央卸売市場に足を運んだ人は、ぜひとくいちのラーメンを食べてみてくださいね。

「NOUILLES JAPONAISE とくいち」はどこにある?店舗情報を紹介

NOUILLES JAPONAISE とくいち(ヌイユ ジャポネーズ トクイチ)は、札幌市中央区にある札幌市中央卸売市場の場外市場の卸売センター1Fに店舗を構えています。

以下が、とくいちの基本情報です。

住所〒060-0011
北海道札幌市中央区北11条西22-1-26 卸売センター 1F
電話番号011-699-6707
アクセス地下鉄東西線二十四軒駅から徒歩7分
桑園駅から徒歩14分
営業時間9:00~16:00
定休日不定休
駐車場あり
公式サイト(Instagram)https://www.instagram.com/tokuichi.nouilles_japonaise/
※2024年2月時点の情報

まとめ:やさしくて上品なとくいちのラーメンを食べてみて♪

今回は、NOUILLES JAPONAISE とくいち(ヌイユ ジャポネーズ トクイチ)のラーメンを紹介しました。

とくいちのラーメンは、上品でやさしい味わいが魅力。

北海道の食材をふんだんに使った、シェフのこだわりを感じられるラーメンです。

北海道にお越しの際は、ぜひとくいちのラーメンを食べてみてくださいね♪

あっさり系ラーメンが好きな人は、見逃せない一品です。土日祝は混雑が予想されるので、早めの来店をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました